■  訪問看護師とは?


訪問看護師とは、患者宅へ訪問し、病気やケガの回復を手伝う看護師

■患者が病院に来るのではなく、看護師が患者のもとへ出かけていく仕事
訪問看護では病人、ケガ人の生活する家に看護師が行きます。介護士は何らかの事情で不自由になった人の生活をサポートする職業ですが、看護師は、傷病者の健康回復をサポートする人です。退院後の患者に対し、医師からの指示を受けて、点滴や注射などを行いに出向いたり、リハビリを提供したりします。末期がん患者のターミナルケア、神経難病患者などのケアなども、傷病者のケアですから、仕事の範疇になります。

■日本訪問看護振興財団の、訪問看護師に関する見解
日本訪問看護振興財団の説明でも、訪問看護とは看護師が居宅を訪問して、主治医の支持や連携により行う看護と説明されています。

■これから様々な整備がのぞまれる訪問看護の世界
在宅医療が見直されている現在、日に日に存在感を増している仕事が訪問看護です。病気や障害があっても、医療機器を使用しながら住居で最期をむかえられるようにサポートする仕事でもあります。訪問看護師は外来看護師や手術室看護師とは異なり、患者一人一人と深いコミュニケーションを取る時間があります。患者のベッドサイドに寄り添ってサポートする看護の本質を、ある意味もっとも体現できる職種かもしれません。訪問看護師も人材が不足しており、引く手あまたです。患者と深いコミュニケーションをはかりたい看護師には、ぴったりかもしれません。